相談援助の専門職|介護の資格を取れば怖いものなし|望まれる仕事

介護の資格を取れば怖いものなし|望まれる仕事

相談援助の専門職

医者と看護師

色んな所で活躍しています

ソーシャルワーカーは生活上の困難がある人に対して相談援助を行い、様々な関係機関との連絡調整などを行う専門職です。資格としては社会福祉士と精神保健福祉士が挙げられます。社会福祉士は児童から高齢者、障害者まで幅広く様々な人を対象とするソーシャルワーカーの国家資格です。あらゆる福祉施設や社会福祉協議会などで働く人が多く、また、地域包括支援センターでは必ず配置する必要があります。最近では独立型社会福祉士として、成年後見制度をはじめ様々な制度のもとで独立して活動を行う社会福祉士もいるほか、スクールソーシャルワーカーとして学校に勤務する人もいます。精神保健福祉士は、精神障害や精神疾患によって生活上の困難がある人を対象とするソーシャルワーカーの国家資格です。精神科病院や保健所、精神障害者施設などで働くことが多いです。なお、精神科病院では精神科リハビリテーションに関わるなど医療的な技術を駆使する側面もあります。

求められる高い専門性

社会福祉士も精神保健福祉士も国家資格ではありますが名称独占資格です。つまり、有資格者でないと社会福祉士や精神保健福祉士を名乗ることはできません。ソーシャルワーカーとして働くこと自体は無資格でも可能ではありますが、高い専門性が求められることからソーシャルワーカーに関する求人のほとんどが社会福祉士または精神保健福祉士を必要としています。また、医療機関では、社会福祉士や精神保健福祉士を配置することによって診療報酬の点数に加算することができる項目があるため、より有資格者が求められます。社会福祉士も精神保健福祉士も、通信制大学などを利用することによって働きながら資格取得を目指すこともできます。ただし、スクーリングや実習で一定期間の休みが必要であるため、職場の理解を得ておく必要がある点には注意が必要です。