介護の資格を取れば怖いものなし|望まれる仕事

何を学びたいのかを明確に

看護師

医療系の進学先には大学や短期大学、専門学校と幅広い選択肢があります。医療の何を学びたいのかを明確にすることで、進むべき進路が決まりますので、まずは自身が学びたい内容を明確にしましょう。また、資格にも、卒業で取れる資格と卒業後に資格試験を受けて取れる資格がありますので、事前に調べておきましょう。

多彩なスキルを身に付ける

介護

介助側にも配慮

少子高齢化となり、益々介護に必要な資格取得が注目されています。高齢者や障害者のバリアを克服できるなど、健康第一の自立支援は重要視されています。専門学校や講座などでの資格取得が主流となり、専門分野のスキル・キャリアアップも期待できます。また、高齢者の生活支援として、食事・トイレ・お風呂・運動などの身の回りをサポートができる介護職員初任者研修も長年人気がある検定です。しかしながら、医療などにはセラピニストなる資格も評価されており、動物・アロマ・音楽・メイクなど、多彩な資格を取得し、役立てることが可能です。例えば、音楽療法士の役割として、音楽の特性を生かし、心の内側からケアを行う心理療法があります。ハンデのある方のみならず、心身的にツラさが懸念されている支える家族や介助側にも大いに役立てられます。

障害物にもこだわる

障害者の身の回りの生活に関するケアは、介護資格を持つ者が行える内容ですが、障害者に目を向けた携わりだけが医療・介護ではないのもポイントです。バリアとなる障害物にも着目し、バリアフリー住宅や福祉施設は充実化が図られています。そのため、需要が高まるのは住環境コーディネーターです。医療・福祉・建築などの幅広い知識を身に付け、各種専門職とのネットワークを通じ、高齢者や障害者に寄り添える利点があります。住宅改修プランの提案が主ですが、学び方1つで、介護用品などの情報も収集し、家庭や仕事に役立てた指導ができる立場に立てます。近年の高齢化社会の特徴として、個々の状況に応じた適切な支援や提案、提供能力が必要と言われ、住宅や設備メーカーでも役立ちます。疾患別や障害別に見た不便さや不自由さなど、個々の環境までも考え、支援できる魅力が健康と自立支援以外にも挙げられる利点です。

相談援助の専門職

医者と看護師

ソーシャルワーカーに関する資格として挙げられるのは社会福祉士と精神保健福祉士です。社会福祉士は幅広い領域を、精神保健福祉士は精神科領域に関わり、様々なところで活躍しています。ソーシャルワーカーとして働くこと自体は無資格でも可能ですが、高い専門性が必要なため有資格者を必要とすることが多いです。

理学療法の資格を取りたい

整体

障害や身体の不自由な方の身体機能の回復をリハビリを通じてサポートするには、理学療法士の資格が必要です。理学療法士の合格率は約80%ですが試験が簡単なわけではありません。受験条件に国が指定した学校や養成機関で所定の科目を修了して卒業が求められます。このため学校で勉強して受験するから合格率が高いのです。